トイレのトラブルで多いつまりや漏れ

by:

トイレづまり一宮生活/暮らし

今日のような水洗式のトイレでは、つまりや水漏れといったトラブルが発生することもあります。水漏れは、老朽化によってひびが入ってそこから漏れるということもありますが、給水や排水のパイプのつなぎ目からの漏れのケースも出てきます。この場合には、ネジが緩んでいたり消耗品でもある中のパッキンが古くなってしっかりとカバーできなくなったということになります。ある程度年数を使っていれば生じる症状なのですが、つまりとなると新品であっても発生することがあります。

トイレつまりは、排水パイプをふさいでしまうような大きなものを流した時に発生することになります。便秘気味のかたい便が原因になることもありますが、多いケースではトイレットペーパーです。水の量に対してトイレットペーパーの量が多ければ、水溶性であっても水不足となって溶けないことになります。しかし、ここに水を足せば溶けることにもなるので、上からの給水だけで解決します。

この時に、レバーをひねって一回分の水を流してしまうと、多すぎて便器からあふれてしまう可能性があります。バケツに水を汲んで、様子を見ながら足してみると安全です。また、水ではなくお湯にしてみると早く溶かすことにも役立ちます。他にも、ラバーカップを使って圧力をかけて押し流すという方法もあります。

カップを配水口にあてて何度か押すだけなので、子供さんでも簡単にできるため、もしもに備えて一つ用意しておくと役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です