つまりや漏れはトイレの症状で原因を確認できます

by:

一宮水道修理生活/暮らし

トイレは住居の中でもトラブルが起こりやすい部分ですが、トラブルを大きく分けると漏れとつまりの2種類です。どちらもトラブルが起きると大半の場合が業者への依頼をイメージするようですが、原因を見つけることで自ら修復できることもあるため、まずは症状がどのようになっているのかをしっかりと見極めることが大切です。トイレのつまりが起きる原因には、異物が水の流れをせき止めている、このような基本的な考え方があり、異物が取り除かれることで水は流れるようになります。このとき、どのようなものがつまっているのかを考える必要がありますが、基本的に便器に流して良いものは、水に溶けやすい性質を持つトイレットペーパーやペーパークリーナーのみです。

これ外のモノを流せばつまってしまうのは当然のこと、特に生理用品や紙おむつなどの製品は水分を吸収させる性質がありますので流せば確実につまりが生じます。漏れにはタンクからの水が止まらないもの、給水管から水が滲む出るように漏れてくるものなどがありますが、タンク内の水が便器に流れ続けている場合には、内部のパーツの故障が原因といえます。ちなみに、お使いのタンク内部の構造を把握しておけば、流れる水量に応じて修理することができます。オーバーフロー菅から流れるものとフロートバルブから漏れるもの、この2つが主な原因で構造そのものを把握しておけばタンクの蓋を外して部品の交換修理、自分で行うことも可能です。

一宮の水道修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です