お台所の詰まりや水漏れを修理するポイント

お台所では日頃から調理をするため、食材カスや食用油が排水口へ流れ込んで、詰まりを引き起こしやすい環境があります。そのままにしておくと、排水トラップやパイプの内部に蓄積していき、排水の流れが悪くなる一方です。それどころか排水設備のサビや腐食を進め、穴や亀裂から水漏れまで発生します。こうなると、他の正常な水道設備や建材にまでダメージが拡がることになり、結果的に大きな工事が必要になります。

また団地やアパートのような集合住宅では、階下の住民にまで深刻な被害を及ぼしかねません。後から損害賠償を求められるケースさえあります。したがって、お台所でのちょっとした詰まりや水漏れでも見逃すことなく、素早い対応が必要です。詰まりの症状や軽度で、原因もハッキリしているものならば、市販のパイプクリーナーやワイヤーブラシあるいはラバーカップ等を使えば、比較的簡単に問題を解決できます。

また仮に排水トラップやパイプに穴や亀裂があっても、小さいものならば、パテで補修する程度で修理が可能です。ただしスプーンや洗剤のフタのような固形物が原因の場合には、この方法は禁物です。無理の押し流そうとすると、ますます取り出すのが困難になり、排水設備を痛めることにもなります。その一方で詰まりが頑固であったり、その原因が判明できない、あるいは排水トラップやパイプの穴や亀裂が修復不可能なレベルであれば、専門の修理会社へ依頼するしかありません。

強力な洗浄機や特殊な薬剤で詰まりを解消する他、排水トラップやパイプについても、丸ごと交換して水漏れをシャットアウトします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です