とても便利なウォーターサーバーの機能

by:

岡崎水道修理生活/暮らし

ウォーターサーバーの機能は各社によって違いがありますが、標準搭載されている機能は殆ど同じといえます。その標準搭載されている機能を3つ紹介します。1つ目は、温水冷水機能です。これはどこのメーカーのウォーターサーバーに搭載されている機能です。

温度設定はサーバーによって若干の違いはありますが、温水であれば80度から90度、冷水であれば5度前後と設定されています。温水は熱いコーヒーやお茶を飲みたくなった時にも、さらにカップラーメンもお湯を沸かす手間なくすぐに作れる温度になっています。2つ目は、チャイルドロック機能です。小さい子供が誤って温度レバーを押してしまうと大火傷等の事故につながってしまいます。

そのため小さい子供がいる場所でも安心して使えるようにチャイルドロックがつけられています。3つ目は、無菌エアシステムです。外部からの空気を遮断し進入を防ぐことで鮮度を保つ水の容器システムです。一回使いきりのワンウェイタイプのボトルにある機能です。

固いガロンタイプのボトルにはない機能ですので、選ぶ時にはボトルタイプの確認を忘れずにして下さい。まだ標準搭載とは言えませんが増えてきている便利な機能で、省エネモードがあります。ウォーターサーバーにかかる電気代は平均して1,000円から1,800円と言われています。これが優秀な省エネモード搭載機ですと普通のウォーターサーバーの3分の1程度まで電気代を抑えることが可能になっています。

岡崎の水道修理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です