浄水器を利用しての評判は

by:

水漏れ生活/暮らし豊田

近年健康には必要だと評判の浄水器をつけるのがすすめられることには水道水に入っている塩素量が多いのが大きな理由になっています。安全性を求める時にはある程度は必ず必要ですが、安全基準の高い国内での水道水はそこに含まれる細菌で特に大腸菌に対してはゼロでなければいけないとなっていることにあります。WHOで言われているのは水道水の中に大腸菌群が100回の検査をして5回いなければ良しとしているのです。そのことから見ても国内の塩素の量がどれだけ多量に入っているかがわかります。

そのことで人の腸の中にいる細菌類が減少してしまうことが大きな問題になるのです。腸は人が持っている免疫の70%がそこにあると言われています。老化や病気を防ぎ健康で若々しく人生を歩んでいくには欠かせないのが免疫です。腸内には1、000兆もの腸内細菌がいて免疫機能を助けているのです。

水道水の塩素は殺菌力が強く体内の腸内細菌をも殺してしまうのです。大腸菌のイメージは汚いなどがありますが、腸内の病原菌を排除したり、食物繊維の分解やビタミンの合成など重要な役割をもっています。水の中に一個いても大変だというものではないのです。多くの人から支持を得て評判となっている浄水器を通して塩素を取り除いた水道水は本来腸内に住んでいる腸内細菌を殺すようなものとならないのです。

浄水器をつけてその水道水を飲むことは医薬品のように急激に効果があるものではありませんが長い目で見るとはっきりと効果がわかるということで長い人生の中には必要だと評判となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です